ぼくの生まれた季節

May 23, 2019

はじめまして。この度Okinawa Photowalk Clubに新たに参加する「みしぇる」と申します。


2月には参加することが決まっていたのですが、そのタイミングでぼくの転職が決まってしばらく沖縄から離れることになってしまい、なかなかご挨拶できずにおりました。


実はOPCの立ち上げ前から土屋さんとは交流があり何度か撮影もご一緒させてもらっていたのですが、その頃は大阪で大学に通っていたため活動に参加するハードルを考えると参加させてほしいと言い出しにくかったのです。
今回参加を決めるときも転職先次第では県外に出る可能性が高いことはわかっていたのですが、

久しぶりに沖縄に帰ってきて生活した1年弱の間に撮りためた写真で十分記事を書けるという自信が持てたことと、

大好きな写真を通じて大好きな沖縄との新しい関わり方を読者の方や自分自身に提示できたらと思い参加に至りました。

 

さて、前置きはこれくらいにして今回の自己紹介をかねた記事について。
私ごとではございますが、つい先日5/9はぼくの24歳の誕生日でした。

あ、そんなお祝いとかいいですよ?

ちなみにいまはエグルストンの写真集かフィルム詰め合わせが欲しいです。よろしくお願いします。
 

冗談はさておき、ぼくが生まれた5月ですが、暦の上では立夏、夏の始まりとされる季節です。

このあと梅雨を経ると本格的な夏を迎えることになります。しかしそんなものは本土でのお話。

ぼくたちの生まれた沖縄には初夏などと呼べるような生易しい季節はないに等しい、

というのが沖縄で生活しているみなさまの実感ではないでしょうか。

それでもこの時季の緑はどこか涼しげな色で、木々たちも夏への準備に余念がないように見えます。

どの季節においても晴れるとたちまち真夏日をうかがうような沖縄の気候にあって、

初夏と呼べるような爽やかさと熱っぽさの共存する景色を探して撮った写真たちをご覧ください。
今回は全てフィルム写真でどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


いや、ちゃんと夏やんって写真もいくつかございましたがこれが沖縄の初夏のリアルです。

大学に入ってから写真を始めるまで、沖縄の自然や町並み、そしてそこに存在する季節感 というものを感じることは恥ずかしながらほとんどありませんでした。


沖縄を一度離れたからこそ見えた沖縄の景色や季節に注目した内容の記事を更新したいと思いますので、これからよろしくお願いします。
少々長くなってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

Instagram : @crsa_photo
Twitter : @Crsa_photo
VSCO : crsaphoto

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2019 Okinawa Photowalk Club