Tettoh Coffee

November 13, 2017

こんにちは、渚です。

今回はカメラと同じくらい好きな珈琲のお話。

 

 

 

休日、写真を撮りに行くのも好きですが馴染みの珈琲屋さんでまったり過ごすのも私にとっては至福のひととき。

今回はそんな珈琲屋さんのひとつ、”Tettoh Coffee”さんをご紹介させていただきます。

 

 

 

開業 平成26年3月10日

静岡県出身の店主、石川智史(いしかわさとし)さん

沖縄県出身の亜紀乃(あきの)さんご夫婦、二人三脚で営むお店が ”Tettoh Coffee” さんです。

 

 

 

 

 

”Tettoh Coffee”

その名の通り建物の横には大きくそびえ立つ鉄塔があり、日暮頃訪れたあの日は夕陽にやさしく照らされていました。

 

 

Tettoh Coffeeさんと私の出会いは平良川時代に遡ります。(以前は、うるま市平良川にお店を構えていらっしゃいました)

初めて訪れた当時は豆の販売がメインでした。大人二人が並んで座るには少し狭いくらいのベンチに座って亜紀乃さんと話す時間が楽しく、長居してしまったのを覚えています。

 

 

うるま市栄野比に移転したのは平成28年10月5日。

廃屋だった元現場事務所を石川さんご夫婦と元大工のおじぃで五ヶ月かけて少しずつ改装し、鉄塔の横に現在のお店が完成しました。(改装の様子はお店にて写真でご覧いただけます)

 

 

 

 

お店へ入ると、内部改造された焙煎機がお出迎え。

 

 

 

 

 

カウンター越しに作業風景や智史さんの点滴ドリップを見ることができます。

 

 

智史さんの淹れる珈琲は、しっかり豆の個性を引き出しつつどこか優しい味わい。
 

 

何か秘密があるのかなと思い、問いかけると、

「お茶の國、静岡県出身の僕が淹れるからかな」

と笑っておっしゃってました。

 

 

 

 

ハンドドリップは好きでよく撮ってますが、夕日に照らされた手動のエスプレッソマシンもまた素敵です。

 

 

 

 

時間を忘れてひとり、まったり過ごすのも良し。

 

 

 

 

隣の離れで友人や家族を連れて珈琲片手におしゃべりしたり。

 

 

 

 

 

カメラを通して珈琲と向き合うも良し。

(私は石川さんご夫婦とお話しするのも好きですが)

過ごし方は自由です。


 

終わりに。

 

 

珈琲に対する愛と熱量が半端ない智史さん。

 

焙煎について伺うと、

 

「今も昔も品格のある味の追求に変わりはありませんが、品格とは徹底的な自然だと考えるようになりました。こだわりを持たず、自然な自分で調和のとれた自然な味を創っていきたい。」

 

「当店があるのはお客様と卸先店舗の皆様のおかげ。更に喜んでいただけるように、私たちが考えるより良いものを今後も提供していきたい。」

 

そう話されていました。

 

珈琲の味を追求しつつ新たな試みをされている石川さんご夫婦。

 

 

 

 

お店は珈琲豆の販売はもちろんの事、テイクアウトも可能です。

 

珈琲豆を選びながら石川さんご夫婦と世間話をするのもお店を訪れる楽しみの一つ。

皆さんもその日の気分やテイクアウト先に訪れる場所に合わせてご夫婦と一緒に豆を選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

撮影カメラ

・CONTAX S2b

・PENTAX SPOTMATIC

 

Photo by @yagisun912

Tettoh Coffee


場 所:沖縄県うるま市栄野比717-A
電 話:098-989-3803
定休日:毎週日曜:毎月第四月曜
営業時間:8時~18時(喫茶ラストオーダー17:30)

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2019 Okinawa Photowalk Club