奥武島を歩く

October 1, 2017

こんにちは。

Okinawa Photowalk Clubの土屋です。

 

早速ですが、皆さんは沖縄の離島といえばどこを思い浮かべますか?

沖縄にはたくさんの美しく魅力的な離島があります。

僕個人としても、西表島や竹富島、波照間島などなど数え切れないくらい行ってみたい島がたくさんあります。

 

そんな憧れの離島と比べると少し地味な存在になるかもしれませんが、沖縄本島にも橋を渡って行くことができる魅力的な島がいくつかあります。

(前々回のayakaさんの『津堅島へ』の記事も素敵でしたね)

どの島も決して大きくはありませんが、自然豊かでそれぞれの島にしかない魅力に溢れています。

とは言いながらも、行ったことのない島の方が多く、行ったことがあっても特定の場所だけでした。

 

そんななか今回は、7月から9月に機会あって何度かフォトウォークしに訪れた、沖縄本島から橋で結ばれた島、奥武島について紹介したいと思います。

ちなみに奥武島という島もしくは地名は、離島も含めたら沖縄にざっと4ヶ所くらいあるらしいですが、今回紹介するのは南城市玉城にある奥武島です。

 

何度か訪れたうちの1回は、9月10日(日)に開催したWorldwide InstaMeet 16でした。

そう、沖縄ではこの奥武島でミートが開催されました。

WWIM16 in 奥武島の様子は、当日α7にバッテリーを入れ忘れた私が、予備で持っていた『写ルンです』で撮った写真を数枚、最後にレポートを兼ねて紹介したいと思います。

 

 

 奥武島が位置する沖縄県の南部方面は時期によって朝陽も夕陽も見ることができます。

自分はどちらかというと朝陽が好きなもので、朝のやさしい光を利用して撮りたくてこの日も6時半に島に到着しました。

写真は、島には渡らず向かいの浜から奥武島に架かる橋向けに撮った写真です。

この日はたまたま潮が引いていて、だいぶ奥武島寄りまで歩いて行くことができました。

 

 

朝の漁港っていい雰囲気ですよね。

ここ奥武島の漁港も、朝の柔らかな光が海面に反射し、光と影を薄くまとった漁船のリフレクションが幻想的で思わず撮ってしまいました。

 

 

沖縄の民家の軒先は眺めてるだけでも本当に楽しい気分にさせてくれます。

奥武島は狭く入り組んだ路地が多く、突如としてこんな美しい花が登場してくれます。

 

 

 

 

 

夏の間、奥武島に訪れた日はいつも快晴。

風もなかったので(その分かなり暑くて汗ダラダラだったけど)、みんなリフレクション写真を撮るのに夢中になりました。いやー楽しかった。

大城てんぷら店の前くらい、地図上で奧武沙灘と呼ばれるあたりに何かの跡地というか廃墟のような場所があり、日陰になっていたので思わずゆんたくしてみたり。

 

 

 

最近面白いようにいろんなところで見聞きしますが、「インスタ映え」はここ奥武島にも浸透しているようです(笑)

 

 

 

 

 

奥武島と聞くと天ぷらの印象が強いですが、やはり実際にその土地を歩いてみると、(決してインスタ映えせずとも笑)自分の中でのフォトジェニックな(あ、何かこれ撮りたいなっていう)ものをたくさん発見できます。

その時は特に深く考えず感じたままにシャッターを切っていた訳だけど、小さな島というのは往々にして時間の流れがゆっくりで、花や木や壁など、路地とか民家の軒にあるものすべてが静けさの中で懐かしい雰囲気に包まれ、爽やかで、かつ可愛いらしく佇んでいました。

 

 

 

そんな奥武島で空を見上げると、いかにも「夏!」な雲もいつもと違って見えたり。。

今回この記事をまとめるにあたり、奥武島の写真を見返して、沖縄にある離島をもっと自分の目で見て、自分の視点で撮ってみたいという気が湧き上がってきました。

 

撮影カメラ

PENTAX 67

 

 

 

ここからはWWIM16 沖縄 in 奥武島の写真になります。

冒頭でも触れた通り、α7の代役を勤めた『写ルンです』が大活躍してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりこういった記念に残したいイベントごとなどは写ルンです向きかもしれません。

何も加工しなくてもどことなく懐かしい色合いになってくれます。

いや〜しかし、そういった意味も含め『写ルンです』には助けられました。

離島フォトウォークには写ルンですの相性が非常に良いこともわかったし、今後も必須アイテムです!

 

こうして写真で振り返ると、やはりみんなで計画をして離島巡りしながらフォトウォークしたくなりますよね。

では、次回はどの離島を紹介できるか、ぜひともお楽しみに。

 

撮影カメラ

写ルンです

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2019 Okinawa Photowalk Club