• Yuri Kamibepp

鹿児島に帰りたい


みなさんこんにちは。 カミベップです。

最近沖縄を離れた番外編が増えてきておりますが今回もそんな番外編の1つです。 沖縄にいた頃は自己紹介をすると、 え?沖縄の子じゃないの? と言われることが多かったカミベップは今年の春から沖縄を離れ地元の鹿児島におります。 沖縄に戻りたくて仕方がないのですが、、笑 7月にOPCの枝梨佳ちゃんが私を訪ねて沖縄から遊びにきてくれました。 私の地元は本当に田舎で、なーんもないのですが、

天気がいいと、

綺麗な木漏れ日だったり、田植えの時期しか見れない田んぼリフレクションだったり、綺麗な景色が盛りだくさん。

こんな田舎を枝梨佳ちゃんがどんな風に撮るのか楽しみにしてたのですが、

当日は雨。とっても雨。 フィルムだと光量欲しいな〜と思うので、できれば晴れが嬉しいのですが、、 それでもフイルムを持って外に出るのがOPCです。 それでもカメラを持って外に出るのがOPCです。

とりあえず野生感のある紫陽花が撮りたい! 「整えられてないやつ」という要望があり、私の知っている紫陽花スポットに。

着くと私より先に紫陽花に走り出す彼女。

今年は早くから咲いておりました。 7月だったので終わりの手前で色が淡い感じ。

雨に紫陽花、そして傘。

木の緑が若くて雨の日はさらに濃い緑になります。

緑もいろんなミドリがあることを山を眺めるたびに思います。

少し話が逸れますが、田舎のコンビニは駐車場が広い。 沖縄は狭いもんね。。

雨のお散歩に戻ります。

しとしとポツポツ。 いい音が。。

こんな日は迷わず雨靴です。

「誰か」がいると1人じゃ撮れない写真が撮れます。

雨が降ってたので車の中だったり、 傘をさしてるしゃしんだったり、 少しアンダー気味だったり、、 それでも雨の日にしか撮れないものばかり。 カメラがあれば雨でも風でもいい天気です。

Text : Yuri

Photo : Erika & Yuri

#鹿児島 #紫陽花 #雨

© 2020 Okinawa Photowalk Club